矢口真里が肉食女を公言し芸能界完全復活!益々進む女達の浮気・不倫願望!

自ら肉食女と断言した「矢口真里」の決意の裏側!

矢口真里

昨日21日に放送されたTBSの特番「今だから言えるナイショ話」をご覧になっただろうか?この番組はロンブーの敦が司会者と言う事で、芸能界のタブーに比較的強い彼がどこまで「矢口真里」に切り込んでくれるのかと想像していたが、むしろ彼の努力と言うか「矢口真里」の開き直りに番組全体が何もしなくても盛り上がった素晴らしい展開だったと思う。

 

この番組にはお騒がせ芸能人として矢口真里の他に、自宅が燃えた林下清志(ビッグダディ)、脱税の板東英二、佐村河内守のゴーストライター暴露をした新垣隆がゲストとして登場したのだが、ぶっちゃけ矢口真里以外の出演者のナイショ話が全て「どうでも良い話」に聞こえる程に彼女のインパクトが爆発していた様に思える。

 

私は思う。矢口真里は芸能界で完全復活を遂げただろう。そして彼女の活躍は全盛期以上のカリスマ化する。もはや彼女に怖いものは無い。むしろ、元旦那である中村昌也の方が特に芸も無いし、背が高いだけでパッとしないし、トークは下手だしでどうしょうも無い状況になるのでは?と思えてきた。

 

矢口真里の行動は確かに酷い。普通だったら世間に顔見せ出来る訳がない筈だ。しかし、彼女はそのタブーとも言える状況を完全に打開した。しかもヤリマン系芸能人と自らカミングアウトする事によって突き抜けたのである。

 

日本と言う国は出る杭は打たれると言う流れが非常に蔓延している。ホリエモンが良い例だろう。そして矢口真里も完全に出る杭が打たれた。しかし、中には突き抜ける人間がいるのだ。それが矢口真里なのである。

 

この場に及んで、自分は昔から「肉食系」などと平気で豪語するのである。これが例え放送作家による作戦だとしても、矢口真里自身が口にした事に意義がある。そして、彼女はあの一言で今後の芸能界の中での成功者になるなと感じた。

 

恐らく矢口真里は今後も巨大スキャンダルを起こすだろう。もちろん男絡みの事件である事は間違いない。

 

そして、矢口真里の影響力は日本人の女達にも直撃する。彼女が昨日「昼顔」の話題を出したのが全ての原因である。まるで、浮気や不倫セックスを正当化する様な発言に私は耳を疑った。明らかに誰かに意図的に指示されている様な気もするが、口に出したのは彼女だから責任は全て矢口真里が負う事になるだろう。

 

昼顔と言えば浮気や不倫を肯定する内容のドラマだ。そのドラマに謹慎中の矢口真里が一番ハマったと言ったのだから問題だ。矢口真里に憧れる女性ファンは全て自分も同じ行動をするだろう。つまり日本中の女達が浮気や不倫に対しての敷居が下がり、実際に特定のパートナー以外の男とのセックスを楽しむ事が普通になる。

 

もはや矢口真里はウィルスだと思う。私は逆手に取って浮気や不倫願望が増加した女達をナンパして行こうと思うが!