不倫や浮気は本当に文化なのか?次々に登場する不倫関連のメディア

不倫や浮気は本当に文化なのか?次々に登場する不倫関連のメディア

今回は「失楽園」から「昼顔」まで次々に不倫をテーマに扱ったドラマや映画が垂れ流される現状を考えてみたいと思います。

 

まず、浮気や不倫と言う関係は日本全国に蔓延しているのは間違いない。最近では女性政治化の不倫問題が出ていましたが、私は間違いなく「昼顔」ドラマの影響があると思いますね。

 

昔だと石田純一の「不倫は文化」発言が非常に話題になり問題化しましたよね。この発言の影響で一時期は芸能界を干されてしまった石田純一ですが、見事に復活しているのは流石のスター性といった所でしょう。

 

さて、私はこれらの不倫や浮気を題材としたメディアをテレビや映画と言う極めて影響力のあるメディアで垂れ流す意図が知りたいんですよね。単純に視聴率が良いから?なんだか私はそれだけじゃないと思うんですよ。

 

私の推測はこうです。今の時代に合わせた浮気や不倫の形と言うものを、日本の裏のフィクサー的な自分物が大手広告代理店などに依頼し、その浮気や不倫文化をテレビや映画で垂れ流して日本人を洗脳する。

 

恐らくは愛人・セフレ辺りの言葉に原因があると思いますね。誰かが意図的に定期的に浮気や不倫ブームを作り出し、その恩恵を影で楽しむ為に作られた情報操作。まあ、大企業の役員や大手広告代理店の役員以上クラスは愛人や極上のセフレを囲うなんてのは当たり前の世界ですからね。

 

この流れを見ると、どうも日本に定期的に起こされる浮気・不倫ブームは何か作為的な何かを感じてしまうのですよね。

 

何度も言いますが浮気や不倫は確実にリスクであり、最終着地地点は必ず不幸や修羅場が待っている事を忘れないで下さい。