不倫は文化と言った石田純一は流石ですね。

リスクは覚悟の上?それでも止まない不倫や浮気セックス問題の数々

ここ最近衝撃的なニュースが駆け巡っています。読売ジャイアンツの原辰徳監督の過去の不倫問題や大阪市長の橋下徹知事のCAとの不倫問題などです。やはり魅力的な男性や地位を持っている男性には魅力的な女性が寄ってくるものです。そして魅力的な女性に惹かれるのは男の本能とも言えます。しかしその甘い罠にはまってしまうと地位や名誉のある人にとっては、とりかえしのつかない事態に発展してしまう事もあります。

 

有名人や芸能人の不倫や浮気問題は多くの人々に取ってはコンテンツ感覚で見られているのが現状です。これは日本国内だけではありません。世界中の人々がゴシップを期待し、一喜一憂しているのです。

 

不倫や浮気、非パートナーとのセックスや肉体関係には確実にリスクが発生します。酔った勢い、合意の上だったでは決して済まされないケースも多数あります。

 

「不倫は文化」と石田純一はよく言ったものです。確かに不倫や浮気と言うのは人間が存在している瞬間から発生していると言っても過言ではないでしょう。男女の関係には多かれ少なかれ恋愛感情が発生します。それは既婚者であっても会社の同僚であっても友人同士であってもです。

 

何も絶対に他の女性を見てはいけない!とか他の女性と私的な会話をしてはいけない!という事は全くありません。うまく恋愛感情や不倫や浮気を回避する方法はずばりコミュニケーション能力の高さが関係してくると思います。

 

是非自分を自制するセンスとコミュニケーション能力を高めて、人生を失敗しない恋愛やセックスの関係を気づいていくのが正しい選択だと私は思います。