愛人を囲うには大金が必要です。貧乏人はタダマンするしかないのです!

愛人には金が必要不可欠!貧乏人はタダマン出会いを目指すしかない!

突然ですが、愛人契約に必要なお金ってどれくらいだと思いますか?

 

毎月5万円、10万円、20万円?

 

ハッキリ言って10万や20万では愛人を囲うのは無理です。

 

最低でも

毎月50万の出費は覚悟すべき

です。

 

「嘘だろ?俺は毎月10万で済んでるけど?」このような男性・・・正直言ってあなたがしている事は単なる援助交際ですからね(笑)

 

私は1人の愛人に毎月50万円以上のお金を掛けていない男性は全て「援交」をしている人だと思っています。つまり、愛人の定義からは外れている。

 

愛人契約ってのは崇高なものであるべきなのです。サラリーマンでも頑張れば支払えるような10万20万なんてのはハッキリ言って頑張ればどんな男でも出来てしまう。でも愛人契約ってのはそんなに安っぽくあってはならないんですよね。

 

愛人を囲っている男と名乗れるのはそれなりの社会的ステータスがあるって事なんです。だからこそ毎月1人の女に50万円以上使ってもビクともしない。これでこそ男であり愛人を囲える最低ラインの視覚なのです。

 

愛人契約と言うのは

女性の全てをサポートする必要があります。

家賃なんてのは最低ラインで、出来ればマンションを買い与えるくらいでなければなりません。

 

その他に、女性が日常的に必要な生活費、女を磨くために必要な美容費用、習い事の支払い、学費など全てを賄ってこそ、その女を支配して囲った事になるのです。

 

女はそこまでしないと満足しませんからね?心から愛人を満足させてあげないと、それはセックスに影響が出る。援助交際や割り切り女とのセックスなんて感情も入っていないし、男を満足させることが出来ない中途半端な女ばかり。

 

本当の意味で「良い女」を囲うには、男がそれなりの奉仕をしなくてはならないし、奉仕の精神が合って初めて愛人関係と言うのは成立するのです。

 

まあ、そこまでできる男というのは日本でも一握りの男でしょう。年収は最低3000万円は必要ですし、上は億の世界ですからね。

 

では、貧乏人はどうすれば良いのか!?

もちろん、愛人なんてのは無理ですから諦めて下さい。じゃあ、割り切りや援助交際で済ます?ハッキリ言ってこの選択もダメです。だって、割り切りや援助交際しているような女達は総じてレベルが低いから。

 

タダマンですよ!タダマン。

 

貧乏な男達に残された選択はタダマン出会いしかありません!正当法で女を口説いて自分の虜にさせるのです。これは恋愛や結婚にも同じことが言えますが、金が無い男は情熱やトークで女を落とすしかないんです。

 

酷に感じる方もいるかもしれませんが、この世の中は資本主義です。お金と言うのはカイジ的に言わせて頂けば「命よりも重い」存在でもあります。金を持っている男は美人で綺麗な女をいくらでも買える。これが現実なのです。

 

命より重い金がない男はがむしゃらに頑張るしかないのです。それは情熱であり努力でありスキルでもある。是非とも自分を貧乏だと思っている男性はタダマンを目指して地道な努力を続けて行きましょう。